MDSについて

あなたと共に「民主主義的社会主義」を

MDS(民主主義的社会主義運動)は2000年8月に発足した。MDSはグローバル資本主義の支配に対し、民主主義的社会主義を変革目標に掲げて闘う。

週刊MDS

週刊MDS1750号

1751号主張 戦争のための増税/軍事費はいらない生活に回せ

戦争への増税 前面に
11月22日、政府が設置した「国力としての防衛力を考える有識者会議」は、岸田首相に報告書を提出した。
報告書は、5年以内に「防衛力を抜本的に強化」することを掲げ、敵基地攻撃能力の保有とともに、戦闘継続能力の向上の必要性を指摘…

実効なき「物価高対策」/市民はノー突きつける/消費税減税こそ今すぐ必要

 「未来永劫、(消費税)10%のままで日本の財政がもつとは思えない」「高齢化の進展に合わせて、遅れることなく、消費税率の引き上げについて考えていく必要がある」―これは、10月26日に行われた政府税制調査会でのやり取りだ。税制に大きな影響を与える政府組織が消費税増税の議論を進めている。…

論説 民主主義的社会主義

No.24 時代はいま社会主義へ 1 マルクス主義古典講座 初級編

第1回 資本主義が解決できない生きづらさ――連載開始にあたって
第2回 剰余価値(利潤)を産み出すのは労働者だ――搾取について①
第3回 労働力の商品化――搾取について②
第4回 労働の成果を社会のものにするために――搾取について③
ほか、『週刊MDS』連載企画「時代はいま社会主義へ」から15回分をマルクス主義古典講座初級編としてまとめた。

翻訳資料 グローバル・トレンド

No.12 ウクライナ戦争をめぐる欧米の左翼諸組織の立場

1.ロシアのウクライナ侵略に関するDSA(アメリカ民主主義的社会主義者)の声明(2022年2月26日)
2.ウクライナにおける野党の活動停止処分を終わらせよ――欧州左翼党議長のコメント(2022年3月22日)――
3.ウクライナでの戦争を止めろ! 世界中のすべての人のための永続的な平和を――フランス共産党全国評議会の宣言(2022年3月19日)――

「論説 民主主義的社会主義」に「No.25 命と暮らしを破壊する岸田内閣打倒!民主主義的社会主義へ」を掲載しました。(2022/10/19)

「【9/24・25開催】「国葬」強行、「改憲」・戦争、生活破壊、統一教会癒着の岸田政権を倒そう!MDS(民主主義的社会主義運動)集会」のお知らせを掲載しました。(2022/9/15)

「【MDS声明】安倍晋三元首相の殺害を糾弾する 命奪う暴力 根絶の道は平和をつくりだすこと」を掲載しました。(2022/7/9)

「【6/18〜19開催】参院選で改憲を阻止しよう MDS(民主主義的社会主義運動)集会」のお知らせを掲載しました。(2022/6/9)

「翻訳資料 グローバル・トレンド」に「No.12 ウクライナ戦争をめぐる欧米の左翼諸組織の立場」を掲載しました。(2022/4/26)

「翻訳資料 グローバル・トレンド」に「No.11 ウクライナ戦争をめぐる南アフリカ共産党の立場」を掲載しました。(2022/4/20)

「論説 民主主義的社会主義」に「No.24 時代はいま社会主義へ 1 マルクス主義古典講座 初級編」を掲載しました。(2022/4/1)

「【声明】ロシアのウクライナ侵略を糾弾する─全世界の市民の力でロシア軍撤退、平和をつくりだそう」を掲載されました。(2022/3/7)

MDS集会の基調報告が週刊MDS1701号に掲載されました。(2021/12/1)

MDS集会「総選挙結果をどう見るか~総括と日本社会変革の展望~」(11/20〜23開催)のお知らせを掲載しました。(2021/11/7)

翻訳資料 グローバル・トレンド No.10「2021年のドイツにおける総選挙の結果について─ドイツ左翼党と欧州左翼党の見解─」を掲載しました。(2021/10)

民主主義的社会主義 No.23「衆院選で、市民と野党の共闘により自公政権に終止符を打とう」(2021年9月MDS集会の基調講演論説)を掲載しました。(2021/10/2)

「菅は打倒された。自公政権を衆院選で完全に打倒しよう!〜対案は民主主義的社会主義〜 MDS集会」のお知らせを掲載しました。(2021/9/9)