MDSについて

あなたと共に「民主主義的社会主義」を

MDS(民主主義的社会主義運動)は2000年8月に発足した。MDSはグローバル資本主義の支配に対し、民主主義的社会主義を変革目標に掲げて闘う。

週刊MDS

週刊MDS1705号主張

1706号主張 名護市長選に勝利し 2022年 辺野古新基地を止める

辺野古阻止正念場の年
2022年は辺野古新基地建設阻止へのきわめて重要な年だ。1月に名護市長選、夏に参院選、秋には沖縄県知事選が行われる。
玉城デニー沖縄県知事は11月、防衛省の辺野古埋め立て設計変更を不承認とした。調査の決定的不備に加え、軟弱地盤の存在や環境保護など法の条件を全く満たしていないからだ。12月、国側は行政不服審査法を悪用して国土交通相に不服申し立てし、福岡高裁那覇支部は県の埋め立て承認撤回を取り消した国交相の裁決に対する県の訴えを退けた…

米軍基地由来のコロナ感染広がる/出入国フリーの地位協定が元凶

沖縄の米軍基地で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生している。12月15日以降の在沖米軍基地内の新規感染者数は9施設で計832人となった(1月3日現在)。主な内訳はキャンプ・ハンセン512人、キャンプ・フォスター93人、嘉手納基地82人など。
コロナ感染は基地の外にも広がっている。米軍関係者を除く沖縄県の直近1週間の新規感染者数は、人口10万人あたり25・79人で、全国で突出して多い。県の担当者は「基地での感染が広がった結果、市中感染に至ったと考えている」と話す(12/28共同)。…

MDS集会の基調報告が週刊MDS1701号に掲載されました。(2021/12/1)

MDS集会「総選挙結果をどう見るか~総括と日本社会変革の展望~」(11/20〜23開催)のお知らせを掲載しました。(2021/11/7)

翻訳資料 グローバル・トレンド No.10「2021年のドイツにおける総選挙の結果について─ドイツ左翼党と欧州左翼党の見解─」を掲載しました。(2021/10)

民主主義的社会主義 No.23「衆院選で、市民と野党の共闘により自公政権に終止符を打とう」(2021年9月MDS集会の基調講演論説)を掲載しました。(2021/10/2)

「菅は打倒された。自公政権を衆院選で完全に打倒しよう!〜対案は民主主義的社会主義〜 MDS集会」のお知らせを掲載しました。(2021/9/9)

【翻訳資料 グローバル・トレンド】No.9 アフガニスタンでのタリバンによる権力奪取をどう見るか─アフガニスタン女性革命協会(RAWA)とイラク労働者共産党(WCPI)の見解─を掲載しました。(2021/9)

「民主主義的社会主義運動 綱領」を更新しました。(2021/9/2)

【声明】「アフガニスタン政権崩壊はグローバル資本の戦争政策敗北 タリバンの暴力支配を許すな 自衛隊派兵・軍事介入を即時停止させよう」を掲載しました。(2021/8/28)

MDS集会基調講演要旨「コロナ危機につけ込む菅政権の最重点 個人情報を手中にするデジタル監視法」を掲載しました。(2021/3/24)

論説 民主主義的社会主義 No.22 命と生活を守らず、支配のためのデジタル化を進める菅内閣を倒そう(2021/3)

市民の命・生活を守らず支配のためのデジタル化を進める菅政権を倒そう! 3月MDS集会(2021/2)

菅政権の新自由主義路線と対決し、民主主義的社会主義に進もう! 11月21・22・29日MDS(民主主義的社会主義運動)集会(2020/11)

論説 民主主義的社会主義 No.21 MDSの20年と民主主義的社会主義の展望を掲載しました。

今こそ、民主主義的社会主義の実現を!MDS結成20周年記念集会(9/19関東・9/20関西)(2020/9)

提言 コロナ危機を克服し社会を変える18の政策(2020/6)

コロナ危機から命と生活を守る!安倍政権を倒し民主主義的社会主義へ!─ MDS(民主主義的社会主義運動)集会(2020/6/15)

【声明】基本的人権破壊の緊急事態宣言に反対する(2020/4/7)

【集会資料】今、戦争・改憲・腐敗と生活破壊の安倍政権を倒すとき─ MDS(民主主義的社会主義運動)集会(2020年3月)(2020/3/30)